ガールフレンド(仮)アニメ 第11話&最終話 感想


こんにちは(^^)/

久しぶりの更新です!


最近、1日9時間勤務を9連勤していたので、なかなか更新できなかったのですが、気づいたらアニメ・ガールフレンド(仮)が最終回を迎えていました(笑)


というわけで、今日はアニメ「ガールフレンド(仮)」第11話・最終話についてです!



まず、11話と最終話についてですが、相変わらずクロエ・ルメールを押してきましたね(笑)


11話のクリスマス事件は設定自体に若干無理があった気もしますが、最終話は意外とうまくまとまっていたので、いい終わり方だったと思います。


また、クロエのお父さんがイケメンすぎることにびっくりしました。

あんなイケメンなら、クロエのような美少女が生まれてきたのも納得です(笑)




そんなクロエの勘違いぶりをうまく活かした感じの設定でしたが、若干無理があったと思えるのは私だけですかね?


ですが、「仲間の危機に大勢で協力して助けようとする」という物語は非常に好きなので、案外楽しめました。


できれば、あんな感じのクリスマスを過ごしてみたいものです・・・


最終話については、クロエ・ルメールユーリヤ・ヴァルコワの異文化交流を中心として年越しをする、という感じでうまくまとまっていたと思います。


登場キャラが多かったので、気になった点を箇条書きで幾つか挙げます。

・クリスマスの時の集合写真
椎名心実の幼少期の写真が出てきたこと
・我が妹(脳内設定)である鈴河凛乃が登場したこと
・軽音部の朝比奈桃子の登場
・妙に押してくる幼なじみ設定
・オタク帰宅部の地味な集会?
・最後の集合写真



なかでもクリスマスの時の集合写真(凛乃がいないけど・・・)、あれいいですね!

ぜひ、PCの壁紙にしたいです!



それと、椎名心実の幼少期の写真が可愛すぎ!

最後の集合写真も素敵!






てか、最終話は妙に幼なじみを押してませんでした?


朝比奈桃子葉月柚子不知火五十鈴夢前春瑚

いいカップリングだとは思いますが、ここまで押してくるとなんかね・・・・
羨ましく思えてきて・・・・






そんなことはさておき、我が妹である鈴河凛乃が登場したではありませんか!

クリスマスに登場しなかったので正直嘆いていましたが、このタイミングでの登場は嬉しかったです。

予期していなかった分、嬉しさ倍増でした!





そして、最後はカウントダウンをして年を越して終わる。


時期も時期ですし、終わり方としては非常にいい終わり方だったと思いますが、いざアニメが終わると寂しいものですね。


元々、原作をプレイしていた分、ものすごく楽しめたアニメでした。


できることなら第二期をやってほしいものです。(重要)








さて、現実世界でも今日で2014年も最後となりました。


年末年始忙しい方もゆっくり過ごせる方も、風邪にはご注意ください。


来年もこのブログをよろしくお願いしますm(_ _)m





それでは良いお年をお迎えください(^-^)/

私は来年厄年ですが、そんなものには負けないでガルフレをやっていきます!!



では、また(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする